« 05 信用トレーダーが増加中! | トップページ | 07 信用取引の口座開設 »

2006年1月12日 (木)

06 信用取引に向いていない人

信用取引を始めるのに、向いていない性格ってあるのかな?

「現物株」は長期投資で、20年でも30年でも株価が何十倍になる?までのんびり眺めていることができます。
しかし、信用取引となると一般的には売買に「期限」があり、半年以内に儲かったのか損したのか「決着」をつけなくてはなりません。

ですから、買ったまま放置してしまって、もっとひどくなると「売買していることすら忘れてしまう」ような投資家では困ってしまいます。
あまり信用取引では、のんびりしたことは言っていられないのです。

デイトレーダーのように、毎日毎日株価ボードに張り付いて、忙しく売買を繰り返したり、株価とにらめっこしている必要はありませんし、誰もがそんなことをできるはずがないけれど、相場の変化が激しい時は、ある程度の機敏さが必要です。

かといって、気が短くてちょっとの損ですぐにロスカットしているようでは、手数料を払っているだけでちっとも利益が上がらない「証券会社の上得意さん」になってしまうことも…。

もし、信用取引に向いた性格があるとすれば、「腹八分目の利益で、感謝して手仕舞うことができる人」だと思います。
あ、これはなにも信用取引に限った話ではありませんね。

あとは、頑固なまでにルールを守れる人…これは、えてして危険と背中合わせの信用取引に取り組む場合の、絶対的に必要な資質かもしれません。
自分を危険な売買から遠ざけるために、「やってはいけないと言われたことは、絶対にやらない」という姿勢が、普通の株式売買以上に必要なのです。

 
儲かる銘柄(買い&売り)を一発で検索するなら…
無敵の信用取引ツール
るこちゃんの「しーくれっとれぽーと」

がお役に立ちます♪
応援よろしくお願いします!!⇒人気ブログランキングへ

1月 12, 2006

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20139/8123725

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く