« 08 どの証券会社で信用取引する? | トップページ | 10 現物株を担保にしたい »

2006年1月13日 (金)

09 信用取引の担保

信用取引口座が開設されたら、まずすることは「取引に必要な担保を用意する」ことです。

信用取引の担保には2種類あり、現金を担保として差し入れる場合と、保有している現物株を担保にする場合(両方併用する場合もあり)があります。

特に現金の担保を「委託保証金」と呼びます。

これを自分の管理口座に、その証券会社が定める「最低委託保証金額」以上入金すれば、売買を開始できるわけです。

 
儲かる銘柄(買い&売り)を一発で検索するなら…
無敵の信用取引ツール
るこちゃんの「しーくれっとれぽーと」

がお役に立ちます♪
応援よろしくお願いします!!⇒人気ブログランキングへ

1月 13, 2006

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20139/8139209

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く