« 23 信用取引の流れ=カラ売り | トップページ | 25 信用取引の決済=カラ売り »

2006年1月19日 (木)

24 信用取引の決済=信用買い

信用取引には、買いでも売りでも必ず「決済」が伴います。

●信用買いの基本決済は「売り返済」

信用取引で株を買った場合(信用買い)、制度信用であれば6ヶ月以内に建て玉を清算(決済)しなければなりません。

その基本的方法が「売り返済」です。

買い建てていた玉を売って、損益を清算するので、現物株と同じ感覚です。
買ったときと売ったときの約定代金で決済するので、これを「差金決済」と言います。

▼「現引き」という方法

差金決済以外に、現物決済と言う方法があり、信用買いの「現物決済」には、「現引き」というやり方があります。

これは、買い建て玉を売り返済することなく、建値(信用買いの約定代金)を証券会社に現金で渡すことで、買い建て玉→現物株として、自分がその株券を引き取る…という方法です。

通常、小口ネットトレーダーには、あまり縁の無い決済方法です。

 
儲かる銘柄(買い&売り)を一発で検索するなら…
無敵の信用取引ツール
るこちゃんの「しーくれっとれぽーと」

がお役に立ちます♪
応援よろしくお願いします!!⇒人気ブログランキングへ

1月 19, 2006

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20139/8231133

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く