« ▼おそるおそるの信用取引 | トップページ | 儲かるデイ・トレード »

2004年4月 2日 (金)

▼いまの経済と株の上げ下げがよくわかる「基礎の基礎」

いまの経済と株の上げ下げがよくわかる基礎の基礎
  講談社の実用BOOK
       植木靖男+マネー経済PT 著

いまの経済と株の上げ下げがよくわかる基礎の基礎 講談社の実用BOOK

経済のしくみ = ★★★★
株売買手法  = ★★
初心者向け  = ★★★★★
女性向け   = ★★★★★


所詮はるこちゃんも、その辺の女の子と変わりは無いので、やっぱり表紙に可愛い?挿絵があったりする本は、自然と目に留まってしまう。
「パッと見」って肝心よね~。
そんな訳で、表紙の「ブタ」の絵とちょっとクドめのタイトルに、目を奪われて手にしたのが運のツキ。

中を開いて、なんだか笑いがこみ上げてきたのを覚えている。
だってぇ…字が大きめでイラストが多くて、私のようなアウトサイダーに優しく語り掛けてくれるような文章だったんだもん。

二色刷りで紙の色とかもマッチしたこの本にすぐに好感が持てたし、パラパラ見ているうちに「絶対この本買う!」って決断させたのが、「九星気学の基礎知識」という章でした。
え~?株の本なのに、占いが載っているのぉ?ウフフ、ちょっと不思議よね。

でも、株と九星気学って意外と関連性が高いのよ。
これってるこちゃんも以前、超ウルトラ級雲の上の人と崇めていたテクニカルアナリストも同じような話をしてくれた事があって、ちょっと興味があったの。
だから、少しでもそのことに触れているこの本は「るこちゃんと出会うべくして出会った~」みたいに感じたの。

るこちゃんは以前、自分の厄年(普通の厄年とは違う)にひどく辛い思いをした事があって、それ以来るこ母が毎年必ずこの「九星」の本を、るこちゃんとるこ母&父の分3冊(その人の星によって内容が違うから)買ってそれぞれに持たせて読んでいたの。
だから「九星気学」にはちょっと馴染みがあったのね。

で、この「九星気学」と株の関係からすると、五黄土星の年である2004年、すなわち今年は大きな出来事がある年にあたるんだって。
例えば、1923年の関東大震災・1995年の阪神淡路大震災も両方五黄土星の年だったし、青年将校が犬養首相を暗殺した1932年も五黄土星の年。

五黄土星のキーワードは、総理大臣・崩壊・天候の変化・大荒れ・毒虫類…注目株は、多くの産業に影響を与えやすい…って書いてある。

その他の星の年も過去に似たような事件が繰り返されているのが表でよくわかるし、案外こういうことって馬鹿に出来ないんだな~と納得しちゃいました。

兜町の歴史や過去の相場師の話、経済指標や植木氏の考える「秘密の投資法」が紹介されていて、ちょっと今までになく楽しくいろんな方面の「基礎」が、優し~く書いてある本でした。

兜町の「鰻屋」の話まで載ってたから、ちょっと笑えた。
だって、その話し…るこちゃんが茅場町で株を教えてもらっていた例のテクニカルアナリストが時々話をしてくれたことがあったから…

他の株本・経済本にちょっととっつき難さを感じる人にはお薦め
経済と株価の関係については書いてあるけど、株式投資の勉強として読むのはちょっと違う。
個別銘柄のことや、各種テクニカル分析の勉強はこの本では出来ないけれど、市場&経済部門の初心者の人は、この本をステップにしてから、難しい?本に取り掛かってもいいかも!

4月 2, 2004

儲かる銘柄(買い&売り)を一発で検索するなら…
無敵の信用取引ツール
るこちゃんの「しーくれっとれぽーと」

がお役に立ちます♪
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20139/8242472

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く