« ▼ハイリターン投資ででっかく儲ける | トップページ | ▼おじいさんは山へ金儲けに »

2004年5月24日 (月)

▼無理なくお金持ちになるために神様がくれた12の玉手箱

無理なくお金持ちになるために
神様がくれた12の玉手箱
         明日香出版社

無理なくお金持ちになるために神様がくれた12の玉手箱

初心者    = ★★★★
女性投資家 = ★★★
投資手法   = ★★

お金持ちになるための12の方法を、北浜氏は「神様がくれた」と表現し、一つ一つについて簡単かつ明瞭に解説している本。
ま、とどのつまり…株式評論家北浜流一郎氏が書いているワケですから、回りくどく12個もの玉手箱を紹介してはいますが、行き着くところは「お金持ちになるには、株が一番!」ということなのです…?

この世の中には2種類のお金持ちがいて、
1) お金持ちになろうとしてなった人
2) お金持ちになろうとしなくてもなった人
に分かれるそうです。どっちにしても羨ましい…

当然この本は1)の「お金持ちになろうとしている人」を相手に書いているわけで、氏が影響を受けた先生の言葉「自分以外のすべてから学べ」を実行した事で得た大きな収穫…お金持ちになるためのあらゆる要素…から大事な12項目を、本書で紹介しています。

12項目のうち、株に関する項目が11個目と12個目に出てきます。
他は一項目に1つの話題であるのに対し、株に関してはさすがに二項目使って書いています。
この点からも、結局「お金持ちになれる可能性のある道?は株」だという事を強調していることが理解できるでしょう。

◆1つ目の玉手箱

21世紀はお金持ちになりにくい時代

これは、「普通預金や会社勤めではお金は貯まらない(増えない)」という事を言っている一文です。
金利がゼロに近い昨今…給料が上がらない現状…
自分にとって本当のリスクとは何かを見極め、守るところは守り、やるべき事はヤル…独立自尊システムに個々がシステムを変えることが必要な時代なのだと力説しています。

◆2つ目の玉手箱

お金持ちになるための方程式は万人に共通

収入を増やす+支出を減らす+残りを守り増やす=お金持ち … これがお金持ちになるための方程式です。

『仕事も遊びもほどほど。これは人生を諦めた人に似合うやり方。実力主義・能力主義の時代(今)には無用です。…(中略)…お金持ちへの道は、小額の預金をどこに預けるかよりも、自分が携わっている仕事を徹底的にこなせるようになること。短期間でプロになれるようにすること。これが最優先であり、そこからお金持ちへの旅が本格的に始まるのです』

サラリーマンでも自営業でもトレーダーでもいいじゃない。
人に負けない何か(一芸?)を極めたモノだけが勝ち残り、真にお金持ちへの道を歩めるのだというわけですね。
納得…るこちゃんみたいに中途半端はいけましぇ~ん。

◆3つ目の玉手箱

資格取得は、お金持ちになるのに結構役立つものです

『要するに資格に優劣の差があるのではなく、それを取得し使う人に差があるのであり…資格があれば他人がもしお金の運用で相談に来た時、それに応じて料金をもらえるのに対し、資格がなければそれはできません』

資格がなければお金持ちになれないわけではありませんが、自分の得意分野を持ち、それを徹底的に極めていることは必要だということです。

そして一番大切なのが「お金持ちになりたいという強い願望」 … これが大事だとあります。
願わなければ実現しない…なろうと思うなら、なれる確立が高い…「なれない」のか「ならない」のか…曖昧なままではいけないのです。

◆4つ目の玉手箱

貯金するお金があったら本を読め」(自分への投資)
20~30代なら給与の高い会社に移れ
本筋でないことに時間と労力を費やさないようにすることが大事

今のご時世、転職もかなりの冒険ですが、逆に「実力のある人」なら自分を高く売れる時代なのかもしれません。

◆5つ目の玉手箱

人の集まるところにお金も集まる

・時代が求める媒体に移ること
・特に努力しなくても売れる製品を探し、それを売ること
・自分にもお金が回ってくる可能性のあるところへ行く
・流れに乗っている人と付き合う

◆6つ目の玉手箱

デジタルの効果に気付いた人の勝ち

・仕事のやり方をデジタルシステムに変える。すなわち自分が寝ていても、ビジネスがスムーズに進行していくシス テムにする必要がある。
 (本を出版するのもデジタルシステムの一部)

・同時進行で収入が得られるビジネスを作り出せ

◆7つ目の玉手箱

とりあえず100万円貯蓄する

・「お金持ちになるのに最も効果的なのは何か」に強くなる事
・タネ銭が絶対的に必要になる
・300万円あれば、次への展開力が急激にアップする

◆8つ目の玉手箱

目に見えないお金を節約しよう

・目に見えないお金…それは時間である
・家計簿をつける時間があったら、収入を増やす工夫を!
・ケチによる蓄財法はリスクが高い

◆9つ目の玉手箱

貯蓄から運用に切り替えよう

・カネは入っただけ出る
・運用は、自分が本業をしていてもおカネがおカネを稼いでくれる点で同時進行が可能
・自己責任とは「損したあなたがいけないのよ」という意味
・金融商品は「リスクはあなた(客)に、利益は私(会社)が得る」ように出来ている

◆10個目の玉手箱

日本での独立自営はリスクが高い

・起業が盛んでも、よほどの得意技が無い限り、リスクは高い
・ネットの時代は終わったとの見方があるが、まだ工夫の余地があり、新たなお金持ちを生み出してくれるのがネッ ト社会

◆11個目の玉手箱

誰でもお金持ちになれる!総合評価1位は株式投資

(行き着くところはやはり「株をやりなさい」ということみたいです。さすが北浜氏)

・株式投資ほど自分の自由が効く財テク手法はない
・株は儲かりにくい
・自分の勝ちパターンを確率すれば、お金が増えるばかりか、ほぼ完全に近い自由も得られる

◆12個目の玉手箱

株で儲けるには簡単な原理原則がある

・まずは長期投資に対する期待感を捨てること
・未来の事は誰にも分からない
・お金持ちへの道を突っ走りたかったら、損切りが必要
・株は他のビジネスに比べたら、技術の習得は易しい

 「お金は道を開く」

5月 24, 2004

儲かる銘柄(買い&売り)を一発で検索するなら…
無敵の信用取引ツール
るこちゃんの「しーくれっとれぽーと」

がお役に立ちます♪
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20139/8242483

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く