« ▼インフレであなたの生活が破綻する | トップページ | 30万円から始める信用取引 »

2006年2月 1日 (水)

▼カラ売りの実践

「カラ売り」の実践―出動と利喰いのポイント    三木 彰 著   同友館

「カラ売り」の実践―出動と利喰いのポイント

カラ売りのポイント = ★★★★
カラ売りテクニック = ★★★

この本は、「カラ売り入門 【ノウハウと定石】」の続編となっています。

著者はカラ売りを「大絶賛」です。
ま、そうじゃなきゃ~、こんな本は書きませんが…。

『株で勝てない、どうしても上手くいかないという人には「カラ売りが必要です。
 ・・・ カラ売りは、うまくいきだすと入れ喰い状態で連戦連勝が可能です。
 ・・・ カラ売りは「買い」のように何倍もの大儲けは出来ませんが、しっかり技術を磨くと勝率が高い分、相場を楽しめること受け合いです。』

これだけ個人投資家の間で「信用取引が流行っている?」状況になっているので、今更「カラ売り=悪」だという考えを引きずっている投資家は少ないと思いますが、やるにしてもやらないにしても、この「カラ売り」のしくみと、カラ売りしてくる投資家の行動パターン?を知っているのと知らないのとでは、たぶん現物株投資家の間で差が出てくるでしょう。

カラ売りがイイモンか悪モンかは卒業するとして、ではカラ売りでスイスイ?利益をあげるにはどうしたらいいのでしょうか?
カラ売りの方がカンタンと言っても、るこちゃんが「踏み上げ相場」は怖いって、本で脅かすし~(;;)。

るこちゃん的には、カラ売りは必ずしも「カンタン」ではないと考えていますが、確かに株価が下落していく時のパターンに慣れて、きちんと見極めてから出動する事が出来れば、値幅は限定的であったとしても勝率が良くなるというのは、間違っていないと思っています。

そして、カラ売りがわかれば、現物でも信用買いでも、「とんだ高値で株を買わなくなる」という効用があります。
当たり前ですが、カラ売りは「天井圏」で出動するものだからです。

今までだったら、「あ~、こんなに上がってるけど、まだイケるかも」と焦って買い出動していたところが、カラ売りの出動ポイントになるので、「そんなところで?」は、買い向かわなくなる&買いたいとは思わなくなるハズです。

著者の言う「カラ売り」の要点を、サックリ紹介します。

1) カラ売りは、正当な投資技術だ

2) 期日6ヶ月、取組、逆日歩などに留意する

3) 天井をターゲットとして、テクニカルに行う

4) 勝率は高いが、利益は小さく・損失は大きい

5) 証券ディーラーによる踏み上げに注意する

6) 株価と出来高でとらえる

7) 上級者にのみ「カラ売りのナンピン」OK

8) 市場の中心株はカラ売りしない

勝つための出動(エントリー)には、3と6が重要になってくるのだけれど、著者の推奨するのが、株価と出来高で「買われすぎ」を判断する<Vチャート>というものだ。

このVチャートは、タテ軸に株価・横軸に出来高を取って作る、四角い形のチャートで、これが横長の大四角を形作った場合に「需給の転換点」と見なして出動の判断をするという秘密兵器だそうです。

これを使えば、普通は難しいとされる「一番天井でのカラ売り」がやさしく&効率的になるとか!
ふーん、そんな武器があったら、確かに素晴らしいぞぉ♪

案外、信用取引初心者投資家には、「一番天井カラ売り」はそうカンタンではないのだ。
せめて二番天井がくずれて、明らかに下降トレンド入りしたことを確認しなければ、そう簡単には勝率を上げられない。

でも、このVチャートを使いこなす事が出来れば、利幅が取れる一番天井を狙う事が出来るのだ。
勿論「ダマシ」対策のために、徹底したロスカットが必要なのは言うまでも無いよ。

下降局面に入ってから、更に売りを浴びせる局面でもこのVチャートが有効っていうんだから、これを覚えない手はないよね。

うーむ、「るこちゃん力作!売買判別シート カラ売りバージョン」っていうのでも作って、更に精度をアップする必要があるかしら?
だって、カラ売りは単に「信用買いの逆」とは違うし…。

もっと詳しくVチャートを知りたい人は、前出の入門編を読む必要があるんだけど、「負けないこと」に重点を置きたいカラ売り大好き投資家にとっては、一読の価値あり?

るこちゃんもVチャートは知らなかったので、お勉強になりました。

ちなみに、入門編はこんな本です!

「カラ売り」入門―ノウハウと定石    三木 彰 著   同友館

「カラ売り」入門―ノウハウと定石

2月 1, 2006

儲かる銘柄(買い&売り)を一発で検索するなら…
無敵の信用取引ツール
るこちゃんの「しーくれっとれぽーと」

がお役に立ちます♪
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20139/8242491

この記事へのトラックバック一覧です:

コメント

コメントを書く